バニラエアの格安航空券を予約する

バニラエアの運賃は空席連動制です。JALやANAのような超割、早割という仕組みはありません。座席数が少なくなったり、搭乗日が近づけば高くなります。

とにかく安くというときは、「シンプルバニラ」です。キャンペーン運賃である「わくわくバニラ」も時々売り出されます。

たとえば奄美大島から成田までの往復の場合、もっとも安い運賃は平日の5840円ですが、土曜日になると11,090円になったりします。

公式サイトでは1か月単位で運賃の動向が表示され、そこで最低運賃がわかりますので、日程を決めることが可能であれば、最低運員の日を搭乗日にすることで、最も安く利用できることになります。

座席数が少なくなると運賃があがってしまうので、決まったら早めに予約してしまいましょう。

土日が必ずしも高いということではないようです。

日程が決まってしまっている場合は、その日が安いければ問題ないのですが、どうしても高い運賃にあたってしまうことがあります。

そういうときは、運賃のタイプで少しでも安くなるようにするしかありません。

シンプルバニラ、わくわくバニラは荷物を預けるとプラス2000円以上かかりますし、座席指定で500円から1200円追加されます。

また、変更の場合は4000円から料金が発生し、払い戻しはありません。

シンプルバニラよりもちょっと高めのコミコミバニラは20kgまで荷物は無料、また座席指定も無料です。

変更料金は500円からとなり、払い戻りも8000円まであります。

荷物もなく、日程変更の予定がなければシンプルバニラでも安くなりますが、荷物がひとつあるだけで、コミコミバニラの料金を超えてしまうこともあります。

他に往復回数券があります。

利用できる日を平日に限定したものや、火水木限定だったり、全日使えたりといろいろな種類があり、もちろん金額も異なります。

販売部数も限定されているので、予定が決まったら早めに購入した方がいいです。

4人以上の場合は、「みんなで割」が安いです。

だいたい10%割引になりますが、40%割引になるようなキャンペーンもあります。

お得なわくわくバニラも不定期に出されるので、こまめにホームページを確認しておくことが大切です。

メールマガジンへの登録しておくと、おトクなキャンペーン情報が届きます。

なかなかホームページを見に行かないな、という方はメールマガジンへの登録がお勧めです。

よく、いろいろな旅行サイトで「格安航空券バニラエア」とうたって販売されていることがありますが、直接バニラエアの公式サイトで購入する方がお得です。

めんどうがらずに自分で手配しましょう。