バニラエアのコミコミバニラを予約をするメリット

一昔前に比べて生活が豊かになっている人が多いのが日本の現状です。

格差もあるのですが、それでも海外などにも旅行に行くことができるだけの余裕がある人も増えたのです。

多くの人がパスポートを所有していたりして、余暇にちょっとした旅にも行くことができるのです。

庶民レベルでもいろいろなところに行くことができるのですが、多くの人ができるだけ安く行くことができればうれしい気持ちになるものです。

よりお得でリーズナブルに旅することができるように、tourや格安航空券を探したりするのです。

最近はLCCといった格安航空会社を利用する人もですね。

いろいろな部分でコストを削減していることもあって、それが運賃に反映されるようになるのです。

成田空港にはLCCの専用Terminalとして、第三ターミナルもできました。

多くの人が利用するために訪れるようになっているのです。

日本で有名なLCCの会社としては、ピーチやJetStar、バニラエア、エアアジアなどがあります。

どの航空会社ももっとも安い料金体系で航空券を販売していたりするのです。

料金が安いものでは数百円ということもあったりして、セールが始まる際にはかなりアクセスが殺到したりするようになっているのです。

その中で全日空の関連会社であるバニラエアは、安心して安い航空券を入手できるということでかなり人気があります。

就航都市も国内では札幌や奄美、那覇、海外では台北や高雄、台湾やセブ、ホーチミンなどがあります。

バニラの運賃というのは、セール時の格安料金のわくわくバニラ、そしてシンプルバニラ、さらにセットになっているコミコミバニラがあります。

わくわくバニラというのはセールの日時が決まっていてその時間帯に発売される本当に安い航空券になります。

シンプルバニラは預け荷物や座席指定などができない運賃で、追加料金が必要になります。

そしてコミコミバニラというのは、預け荷物20kgまでとスタンダードシートの指定が込みになっているのです。

コミコミバニラを予約することでのメリットというのは、ある程度の荷物があってスーツケースを預けたい人やシートの指定をしたい人、そして一番は行くことができなくなったときに少しの手数料で払い戻しができることです。

シンプルバニラやわくわくバニラではキャンセルができないので、もしも行けなくなる可能性がある人では少し高くてもコミコミバニラの運賃で予約を入れたほうが無難だといえるでしょう。