おすすめのコミコミバニラを選ばなかった理由

バニラエアが提供する二つの運賃タイプ

格安航空券を提供するバニラエアでは利用者の便宜を図って運賃タイプを複数準備しています。一般的なLCCと同様のシステムを持っていてオプションサービスは全て有料なのがシンプルバニラ、それに受託手荷物を一個預けられたり座席指定をスタンダードシートから選べるようにしたりする特典がついているコミコミバニラの二つが代表的なものです。

通常は予約するときにこのどちらかを選択しますが、バニラエアではコミコミバニラをおすすめしています。シンプルバニラに比べると運賃が高くなるものの、意外に多くの人が受託手荷物を必要とすることが多いことや、フライトに対する満足度が指定された座席によって異なることから、満足のフライトを経験してもらうためにコミコミバニラが推奨されているのです。

選択肢がなかった格安航空券

私の場合もコミコミバニラでバニラエアの格安航空券を予約しようとしていたのですが、実は予約するときにその選択肢はありませんでした。バニラエアが行っているセールで選んだ格安航空券だったからです。この場合にはくわくバニラという別の運賃タイプが適用されました。

わくわくバニラはシンプルバニラとあまり違いはありませんが、予約の変更について手数料を払っても対応してもらえないという仕組みになっています。私の場合にはもはや変更不要だったので気にかかりませんでしたが、セールの格安航空券だからこその制限事項となっているのでしょう。選択肢はなかったのですが、私としては安くしたいというのが大前提だったので気にかかることはありませんでした。

乗ってわかった事実とは

わくわくバニラで予約したフライトに乗ってみると意外な事実がわかりました。荷物を預けるのも有料なので格安航空券を使うからには荷物は最小限になるように気にかけるのが当然だと思っていたのですが、誰もがそう考えるわけではないと気付かされたのでした。バニラエアのカウンターを見ていると帰りの便のときに大勢の人が荷物を預けていたのです。

同じ便で往復していた人たちも見かけたので話を聞いてみると、帰りは荷物が多くなってしまったから追加料金を払って荷物を預けたということでした。

確かに行きに比べると帰りは衣類のたたみ方やカバンへの収納の仕方もやや乱雑になり、お土産も増えるので荷物のかさも重さも増えがちです。私のように計画的に荷物が増えないようにしておかないと持ち込みて荷物にできなくなってしまうのでしょう。だからコミコミバニラが勧められているのだと納得できました。