二回目からは迷わないバニラエアの予約

知っておくべきバニラエアの運賃タイプ

私が初めてバニラエアを予約したときに戸惑ったのは格安航空券の運賃タイプがあるということを予約したいと思ったタイミングで知ったからです。
LCCといえば基本的には受託手荷物や座席指定などは有料になっていて必要最低限のサービスのみが揃っているものだという固定観念を持っていました。

しかし、バニラエアにはそれにほぼ相当するシンプルバニラというプランの他に、コミコミバニラという手荷物を預けることも座席指定をすることもできるプランがあったのです。必要があったら有料で申し込めば良いと考えていたので、この段階でどちらを選ぶべきかで悩むことになりました。

格安航空券だから基本的にすべてオプションで有料という考え方が誤っていたことによる戸惑いでした。

バニラエアの運賃タイプが二種類あって戸惑ったのも確かですが、予約を焦っていたことも影響しています。運賃が最も安いタイミングで買いたいと考えて毎日価格の変動を追跡していました。バニラエアは空席の状況によって価格が変動する仕組みを持っているので、格安航空券を手に入れるにはタイミングを見計らって購入することが重要です。

値下がりが続いてきて少し上がってしまったタイミングだったので、もう買わないとだという焦りの気持ちを持って予約手続きを始めていました。

そこできちんと情報収集ができていなかったために手続きに時間を要してしまって焦ったのです。しっかりと運賃タイプについても考えておけばこのような失敗はありませんでした。

二度目以降は状況によって使い分け

初回は結局は荷物が少なかったのでシンプルバニラで良いとしてしまいました。それで全く問題はありませんでしたが、二度目以降のバニラエアの利用では使い分けをするようになっています。家族旅行のときには荷物も多くなりがちで座席も一緒にしたいのでコミコミバニラで予約をしていますが、出張のときには格安航空券であれば十分なのでシンプルバニラにするというのが私の予約方法です。

出張の場合にはキャンセルすることはまずないものの、家族旅行の場合にはキャンセルする可能性もあるという理由もあってこの使い分けをしています。多少のキャンセル料はかかりますが、予約をキャンセルできる点でコミコミバニラはキャンセル不可のシンプルバニラよりも便利だからです。