バニラエアの受託手荷物で少し特をする方法

受託手荷物の料金システム

バニラエアの格安航空券では受託手荷物については有料になっています。20kgまでであれば追加料金を払うことで手荷物を預けることができますが、少しお得に利用する運賃タイプもあって利用者も多くなりました。

コミコミバニラと呼ばれる受託手荷物20kgまでと座席指定などのサービスがひとまとめになったものであり、それらが一切含まれていないシンプルバニラよりは航空券代が少しだけ高くなります。しかし、一つ一つをオプションで選ぶよりも、予約の際にコミコミバニラを選んでおくと安上がりにすることが可能です。

どちらの方法で手荷物を預けた場合でも重量を超過すると追加料金が必要になりますが、その場合の上限の重量は100kgになるという仕組みになっています。

超過した経験から考えた節約方法

予約のときにシンプルバニラを選んで、帰りに荷物が多くなってしまったためにオプションを選んだことがありました。そのときには20kgあれば十分だと思っていたのですが、実際に測ってもらってみると22kgほどあってさらに超過料金を払わなければならなかったのです。

格安航空券として手配できるからこそバニラエアのフライトを選んだのですが、結果的にはやや高い航空券になってしまいました。大手の航空会社よりは安くても他のLCCと比較すると高かった可能性があります。ただ、どのLCCでも手荷物の料金は払わなければならなかったはずだと考えると損をした気はあまりしませんでした。

ただ、そのときに受託手荷物の個数制限がないと聞いて節約方法を思いつき、次にバニラエアを利用したときに実践しました。

友人と受託手荷物の料金を折半

友人と三人で旅行に行ったときにバニラエアの格安航空券を使ってうまく予約を行いました。自分だけコミコミバニラで予約し、他の二人はシンプルバニラで予約したのです。そして、私が三人分の受託手荷物を持って搭乗手続きを行い、超過料金を払って三人分の60kg近い手荷物を預けてしまいました。

多少、訝しげな様子で見られてしまいましたが個数制限がないのでバニラエア側も断ることはできなかったのでしょう。こうすることで数千円程度とはいえ安上がりにすることができたのです。

現地では一緒に行動する予定になっていたので手荷物の受け取りなどでトラブルが発生することもなく、うまく手荷物の料金システムを活用してお得に利用することができました。