バニラエアの運賃タイプを把握して格安に航空券を予約する

近頃はいろいろな方法で海外に行くことができるようになっています。

昔の日本では考えられないことでした。

徐々に庶民でも気軽にいくことができるようになったのは、ツアーや航空券の料金がかなり安くなったことやそれぞれの個人が経済力を持つようになったということがいえるでしょう。

ツアーや航空券でも行き先によっては数百円、数千円といった破格で手配することができるようにもなっているので、近場の温泉に行くよりもずっと安く行くことができる場合もあるのです。

そういった商品を見つけるためには、いろいろな情報を得るようにするといいのです。

最近注目を集めるようになったのが、成田空港の第三ターミナルができたことも影響しているLCCの参入です。

LCCというのは格安の航空会社であり、認知度も上がっています。

機内サービスを削り、より安く各地に行くことができるようにしている航空会社なのです。

例えば、座席の指定や預け荷物、飲み物や機内食などのサービスを別料金で設定していたり、機内の座席の間隔を若干狭くしてよりローコストになるように努めているのです。

LCCでも複数の航空会社があるのですが、中でもバニラエアはANAの子会社にあたるところであり、日本人にはとても人気がある格安航空会社になります。

国内線では札幌や奄美、那覇などに就航していたり、海外では香港やホーチミン、セブ、そして台北などに就航しています。

どの都市でもかなり安いので、タイミングを見計らって予約を入れる人も多いのです。

バニラエアの運賃というのは3つのパターンで設定されるのですが、最もお得感のある安い運賃がわくわくバニラになります。

わくわくはセールの時に発売される格安航空券であり、行き先などにもよるのですが、千円程度の料金から設定されます。

セールの日時によっても運賃が若干異なりますし、設定されない日時もあります。しかしながら、とても安いのでセールの情報をいち早くキャッチして予約を入れるといいのです。

普段から発売している運賃がコミコミバニラとシンプルバニラになります。

常にホームページ上で出ている運賃であり、日々変動します。

コミコミでは預け荷物やスタンダードシートの指定の料金が込みになっているほか、キャンセルも若干のチャージを支払うことで可能になります。

シンプルでは機内持ち込み荷物だけになり、預け荷物や座席指定は追加料金が発生することになりますし、払い戻しができない運賃になります。

そのあたりを理解して、自分に合った航空券を手配するといいでしょう。